Goodness of Cosmetic-foaming

イメージを一新できるコスメ|アイシャドウの色の選び方とは

透明感のある肌になろう

余分な角質は落とす

石鹸

寝不足が続いたり、不摂生な食生活を続けていたりすると、くすみやシミ、しわなどができてきてしまいます。
これらの肌トラブルを改善するためには、食生活や睡眠時間などの基本的な生活を正していくことも重要ですが、日々の洗顔でもアプローチしていくことが必要です。
洗顔は毎日複数回行うものですから、肌に透明感を与えることができる成分が含まれている洗顔料を選び、より効果的に美白ケアを行っていきましょう。
肌に透明感を与え、美白効果を得るためには、肌にある古い角質や角栓を綺麗に取り去ることが大切になってきます。
古い角質や角栓があると、肌がくすんで見えたり、色が黒っぽく見えたりすることがありますし、化粧水などの成分も肌に届きにくくなります。
この古い角質や角栓を取り去る効果があると言われているのは、酵素が入った洗顔料やピーリング効果のある洗顔料です。
これらを使用することで、毛穴の中に詰まった黒ずみや古い角質を綺麗に洗い流すことができる上、肌の新陳代謝が高まりより美白に近づくことができます。
しかし、酵素やピーリングは肌を美白にする効果がある反面、洗浄力が強いことで乾燥しやすい洗顔料でもあります。
洗顔料を選ぶ際はこれらの成分に加えて、ヒアルロン酸などの肌に潤いを与えて保湿するような成分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。
きちんと美白成分と保湿成分が含まれている洗顔料を毎日使うことで、少しずつではありますが、必ず透き通る綺麗な肌を手に入れられます。

泥で洗うと綺麗な肌に

メイクアップ

美白は女性にとっては永遠のテーマとも言えるもので、日々様々な美白ケアに励んでいる方も多いことでしょう。
化粧水や美容液、パックなども美白には必要なケアですが、最も大事なことは何と言っても日々の洗顔です。
洗顔は毎日複数回行うものですから、洗顔に使用する石鹸やフォームにはきちんと美白成分が含まれている製品を選ぶようにしましょう。
美白に効果のある成分は世の中にたくさんあり、古い角質を落とすフルーツ酸やサリチル酸、シミやくすみを薄くするハイドロキノンなどがあります。
その他に泥にも美白を促進する効果があると言われており、泥を含む洗顔用石鹸やフォームもたくさん販売されています。
テレビなどのメディアで全身に泥を塗るシーンや、顔に泥を塗りつけて黒くなった人を見たことがあるという方もいるかもしれませんね。
実際に泥を使った美容は世界中で多くの方に実践されており、古くから女性に親しまれてきた美容方法でもあります。
泥は毛穴に入り込んで奥の汚れを掻き出す作用、毛穴を引き締めてきめ細やかな肌にする作用、新陳代謝を高めて肌のターンオーバーを促進する作用などがあります。
また自然由来の優しい成分ですので、ピーリング剤などでは肌が荒れたり、赤くなってしまったりする方でも安心して使えます。
泥による洗顔を続けていれば、毛穴の汚れは落ちていってツルツルの肌になりますし、肌のターンオーバーも整ってくるのでできてしまったシミなども薄くなっていきます。

ターンオーバー正常化へ

レディ

酵素とは、人間が生命維持のために必要な消化や吸収、代謝といった活動を行うのになくてはならない成分です。
酵素洗顔に主に含まれるのは、その酵素のうち消化酵素です。
消化酵素は、食べ物を消化吸収するのを促す酵素なので、タンパク質や脂肪分を分解する特性があります。
酵素洗顔では、その酵素の特性を利用して、お肌の角質に含まれるタンパク質や皮脂にふくまれる脂肪分を洗い流します。
人には、古い角質をはがれ落として新しい角質をつくろうとするターンオーバーと呼ばれる働きがありますが、年齢とともに代謝活動が鈍くなり、その周期が遅くなる傾向にあります。
ターンオーバーの周期が遅れてくると、美白だったお肌でも、古い角質を蓄積して黒ずんだりごわついたりシミの原因となります。
酵素洗顔をすると、酵素の力でお肌の古い角質や汚れをしっかりと洗い落としてくれ、新しい角質を作り出すので、ターンオーバーが正常に戻ります。
その結果、お肌は美白効果を得て、透明感のある美肌に生まれ変わります。
また、黒ずみの原因の古くなった角栓も洗い流され、毛穴の目立ちにくいお肌になります。
しかし、洗顔をしすぎるとターンオーバーの周期が逆に早まってしまい、未熟な細胞が肌の表面に上がってしまい、炎症を起こしたり乾燥することがありますので、注意が必要です。
美白効果を得るのに適した酵素洗顔は、毎日行う必要はなく、週に1〜2回にとどめておきましょう。
酵素洗顔後はお肌が敏感になりやすいので、しっかり低刺激の美容液で保湿をすることで美白効果をさらに高められます。