Goodness of Cosmetic-foaming

イメージを一新できるコスメ|アイシャドウの色の選び方とは

余った分をリトライ

できるだけ早く次へ

メイクアップアイテム

コスメの使用期限というのは、厳密にいつまでと区切っているものもあれば、特に決めておらず、大体2〜3年はもつとしている物もあります。
けれど、いったん開封して使ってしまったら、どうしても肌に付けるときに皮脂などがくっついてしまうことになりますので、早めに使い切った方がいいでしょう。
もし、使っていたアイシャドウの色が気に入らなくなり、新しいものに変えた時には、残ったアイシャドウは処分ということになります。
けれど、かつては気に入って使っていたコスメだけに、使いさしと言えども処分するのはもったいないと感じる人も多いでしょう。
残ったアイシャドウの活用方法としておすすめなのがネイルに活用するという方法で、これは簡単にできてネイルの種類が増えるというメリットを生み出します。
残ったアイシャドウを粉々に砕き、透明のネイルポリッシュの中に入れれば、あっという間にアイシャドウ色をしたネイルが完成します。
これを使えば、オリジナルコスメを使っているような感覚になるでしょう。
またこれで、使わなくなったコスメを処分しなければならないという罪悪感から解放されますが、手作りだけに早く使うのがいいでしょう。
ネイルポリッシュは100円ショップでも売っていますが、より品質の良いものをというのであれば、もう少し値段を上げてみるのがお勧めです。
100円ほど安くはないけれど、300円から500円程度のプチプラであれば、これからネイルとして使っていくコスメになるだけに、ちょっと品質を上げることができます。
色味によってはノーズシャドウやハイライトにも使えますので、捨てる前に一度考えてみたいコスメだといえます。

トレンドと傾向

女の人

現代は非常に目元がメイクアップで重要視される時代になっています。
それは目元を強調することで小顔効果が期待出来たり、目力を感じて魅力を倍増させることができるからです。
目元のメイクアップで注目されるものにアイシャドウがあります。
アイシャドウで目元を綺麗にグラデーションすることで陰影ができ、ほりの深い目鼻立ちの発揮した顔を演出できるようになります。
アイシャドウと言えばかつては比較的マットなものが多い傾向にありました。
しかしコスメショップに立ち寄ると非常にカラフルで眩い輝きやグリッター感のあるもの、ラメ素材が配合されたものが主流になっていることがわかります。
これは海外セレブがこうしたグリッター感のある輝きの強いコスメを好んで使われており、その影響で日本でもこうしたコスメが人気になっています。
そのためアイシャドウに代表されるようにコスメのトレンドは輝き、艶感、カラフフルといったことがキーワードと言えるでしょう。
こうしたキーワードを参考にコスメを選んで化粧すればいま最も旬な顔立ちに変容することが出来ると言えます。
特に最近ではグリッターが口紅まで配合されるようになっています。
しかし目元も口元も両方がギラギラとしていると顔が派手になりすぎてしまうので、どちらかをマットに控えめなカラーに抑える必要があります。
またラメ配合のファンデーションは肌に艶感を与え、非常に華やかで健康的に演出してくれるので非常におすすめのコスメと言えます。

色によって印象を変えよう

メイク道具

お店を覗くと、たくさんのコスメが並んでいますが、その中でもアイシャドウは色の種類も多く華やかになっています。
使用するコスメによっても雰囲気を変える事が出来るのでメイクをする事はとても楽しいものではないでしょうか。
また、アイシャドウを付けているのといないのでは目元の印象が大きく異なりますし、その日の気分で変える事も可能です。
そんなアイシャドウですが、パウダータイプやクリームタイプなど色々あります。
パウダータイプは色も豊富であり、グラデーションを作る際も簡単に陰影を作る事が可能です。
クリームタイプは発色が良く、肌にぴったりと密着して肌をよりきれいに見せてくれるのでおすすめです。
その他にもラメタイプなど、おしゃれな雰囲気の目元を作る事が出来、明るく華やかな印象にする事が出来るものも色々あるので便利です。
コスメの中でもアイシャドウは種類が大変多いので、その時々のシーンや洋服に合わせて楽しむ事が出来るので本当に便利です。
日本人の目は細くて小さな目と言うイメージがありますが、コスメの中でもアイシャドウを上手に使用すればぱっちり目元を簡単に作る事が出来るでしょう。
陰影を付けて堀の深い顔立ちを作ったり、明るい色を使用して優しい雰囲気を作ったり色々変化を楽しむ事が出来ます。
メイク初心者の方でも比較的簡単に使いこなす事が出来るアイテムなので、きちんと使いこなしましょう。
使い方次第でもっとメイクを楽しむ事が出来るので一度使用してみるとよいでしょう。